読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

朝練/外練/279TSS

チームメイトが群馬のトレーニングレースに出ると言っていたので、だいぶ前から単独ロング練のつもりでしたが、先週の餃子対決企画の際にO塚さんと、一緒に走ろうということになって、2人練習。


大宮のファミマに7時に集合。コースを確認して、スタート。

鹿野山まで行って、帰ってくるコース。

一定ではなく、所々メニューを入れて、自分を追い込むのが目的。


外房有料から、チーム練習をしている国際周回まではアップ区間

遅すぎず、適度な強度で走る。

それにしても脚がゆるゆるで力が入っていない感じ。これって、いつ以来?


O塚さんも元気そう。大仏登り返しから、メニュースタート。まずは90秒程度を2セット。

いきなり、O塚さん、超全開。想定よりも強めのパワーですでに疲労困憊。

そこから、ウグイスラインまでは回復走。

勝間あたりから、5分走を2セット。セット間は8分ぐらい。

1本目、自分は30秒後から。


L5 4:18 316W/317W

下りに入ってしまったので、5分未満。


2本目。今度は先行。

L4 4:52 288W/292W


途中、えづいたので、鹿野山はいけないかもと弱気になる。

そのまま清澄養老ラインに入って、月崎まではペース走のつもりだったけど、日差しにもやられたのか、力があまり出ないで、ペース上がらず。ほとんど回復走。

久留里のセブンで休憩。ここで、O塚さんがここで折り返すという嬉しい提案をしてもらったので、遠慮なく快諾。


折り返すと日差しも弱く、追い風ということもあり、復調。清澄養老ラインも所々全開のメニューを入れながら、快適に走って、ウグイスラインまであっという間に戻ってこれた。


ウグイスラインの入り口からの登りは、L5で。


L5 3:23 318W/334W


下ってから、O塚さんとローテをしっかり高速で回して、最後の登りに入る。

前にフリーダムな方々もいたので、無理せず付いていく。


L4 3:35 270W/282W


最後は潤井戸のセブンまで、フリーダムの4人のトレインが先行20秒程度だったので、それを目標としつつ、30秒ローテ。


でも絶対的なパワーの違いで、O塚さんが辛そうだったので、自分が長めに引いて終了。


ゴールのコンビニで、O塚さんにストレッチを色々教えてもらう。


色々参考になりました。早速実践していかないと。目指せイチローなみの可動域!