読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

房総サイクリング/62.4km 81TSS 897KJ

GWの連休を利用して房総サイクリング。

昨日の下見で奥様のエスコートへの心配なし。天気も良くて言うことなし。


8時過ぎに百目木公園を出発してまずは高滝湖に向かう。


すると公園から序盤の3kmの向かい風の道路で後ろの気配がなくなる・・・。どうした?と思ったら、向かい風で奥さんは苦労している様子。びっくりした。落車でなくて良かったです。


そこから閑静な住宅街を抜けて、田舎道を高滝まで。平坦なので特に問題なく進行。


高滝湖畔の景色を楽しみつつ、清澄養老ラインを経由して飯給から久留里に抜ける序盤の難所に突入。


この坂、試走で感じたけど、7%ぐらいの勾配がコンスタントに続く嫌らしい坂道。奥さんもギヤがない、ないと言いつつもクリア。でも、これが最後の坂だよね?のようなことを言ったときはおかしかった。メインディッシュはまだとってありますよ。


坂を下って、中間地点の久留里のセブンで補給。奥さんはややお疲れのよう。ここからは久留里市街を抜けて、いったん北上。5㎞ぐらい北上して、県道163号からメインの坂道に入る。斜度はところどころで10%を超え、最大は13%ぐらいだったかな。距離は2kmぐらいだろうか。一旦登ったあと、下ってさらに登り返すこと2回の嫌なルート。奥さんはダンシングも混ぜつつ、前半より明らかに調子が上がってきたみたい。問題なく最高到達地点である君津大江戸温泉に到着。


そこから道も広く快適な下りを走って本日の目的であるモーコッコハウスでプリンとシュークリームとマドレーヌを食す。特にプリンをお気に召した様子。添加物が入っていなく素朴なプリンでとてもおいしかったです。

ここって練習でも良く通るけど、下りの途中だからどうしても通り過ぎてしまうところ。今回はチームメートのN村さんに教えていただきました。


さて、お腹も気持ちも満たされて、後は追い風基調の快適なサイクリング。

久留里市街に戻り、久留里のわき水で水を補給してから、田川というその名ととおり小櫃川と田園風景が広がる気持ち良い道路を走り抜けて、百目木公園にゴール。奥さんも楽しんでくれたようで下見もした甲斐がありました。次回はどこに行こうかな。伊豆スカイラインにも行ってみたい。