読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

JBCF石川ロードレース

土曜日朝にチームメイトのSさんの車に乗せてもらって、現地入り。


遅めのお昼を済ませてから、試走。

コースを確かめるとともに、ブレーキ調整。

雨の可能性もあったので、シャマルチューブレスではなく、キシリウム&コンチネンタルグランプリの安全仕様にしたため。


下ハンでブレーキしたときの余計な遊びをなくす。


試走1周目の最後の登り部分で、全力で走ってみる。


8分 300W/316W

2周目は軽く走って、帰宿。


調子は良さそう。


当日は6時には起きて、9時ぐらいまでだらだらと過ごし、9:30には出発。


ウォーミングアップを15分ほどして、11:30ぐらいに検車、出走サインを済ませて、整列レース。といっても、整列レースするほど、スペースもなく、E3は2組に分かれていることもあって、広島のときほどではなかった。


12:30予定どおりスタート。いつものとおりクリートキャッチに手間取ったが、慣れたもんで、気にせずそのまま踏みながら、位置をキープしつつ、ようやくクリートがはまる。


気にしていた最初の下りからの右直角コーナーも危なげなくこなして、アップダウンも、休むダンシングも入れつつ、遅れずにクリア。余裕はある。


展開はというと、散発的なアタックはあるけど、有名人のIさんを皆警戒しているためか、集団はそんなに慌てていない雰囲気。

リンク東北の選手はずっと、Iさんに付いていた感じ。


自分の話に戻って、心配していた長い下りも問題なく、右に曲がって4キロの登りも遅れずに食らいついて、集団の中盤?後ろ?で2周目に突入。さすがにこの時は少し心臓がきつかった。でもすぐ下りなので回復。


2周目のアップダウンも先頭集団後方に位置。長い下りに入ったところで、ふっと、気持ちが切れ、前と10メートルほど車間を空けてしまった。そこにE2で集団から切れた選手が間に入ってしまい、よく分からないまま、最後の登り区間に突入。

前方50メートルぐらいに先頭集団が見えるものの、追いつく体力、気力なく、そのまま垂れながらゴール。26位。



まだデータはちゃんと見返していないけど、

1周目はNP280ぐらい。2周目はNP260弱ぐらいかな。


心拍は平均177、最大191。いっぱいいっぱいで走ることができていた。


しばらくレースはないので、のんびりと練習していこう。


自分のレース終了後は、チームメイトの応援。



N村さんとOさむさん、2人とも1周目終了時点では良い位置。でも最後の登りで遅れてしまったらしく、良いタイムながら、最後のスプリントには参加できなかった。


一緒に走ったSさんも含め、E1のYさんと全員怪我なく無事完走できたので、とりあえず良かった。



帰りは羽生PAに寄って、鬼平犯科帳の世界を楽しみつつ、19:30頃には帰宅。