読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

木祖村対策練/283TSS

木祖村に向けた対策練に参加。

7時に大宮スリーエフ集合。
人数は他チームに呼びかけていたらしく、10名と十分な人数。

まずは前回同様試走してから、2グループに分ける。

自分は先発。
5周目まではペースで、そこで後続とジョイントして6周目はフリーという内容。
あと、3分〜4分の坂は1周目が4.5倍、2〜5周目が5倍、最終周は全開という内容。

1周はだいたい25分。

先発組は、チームメイトのU田さん、S根さん、O川さん、それから湾岸のおそらくKけしさん。

今日の目標は節約すること。
だから、前に出ても長く強くは牽かず、スムーズにだけを意識する。

U田さんの番手でいると、少し長めに牽いてくれるので、楽できた。
同じ間隔でと促そうとも思ったけど、人によって目指すところや、したい走り方は違うし、部活でもないので気持ちよく走ってもらうことを優先。変な上げ下げでもないし、それよりもUださんは、沖縄210完走者で強いし。

下りはKけしさんに迷惑かけてしまったかな。
湾岸さんみたいな下りでのローテーションは自分も怖いし、すぐにはできないので、どうしても下りはマイペースになってしまうな。
でも公道の練習会だし、下りで飛ばす必要はないので、それでいいかな。自身のペースで行って、下りきったところで合流するような約束にすれば良いのではないだろうか。

さて、展開はというと、O川さんは2周目からローテには入らなかったので、4人で回す。結果的人O川さんは、最後まで残ってくれたので、練習としてはこれで正解だと思う。
U田さんが長めに、Kけしさんは力強くでも短めに、S根さんはけっこう強めに先頭を牽いている感じ。だからか、4周目ぐらいでS根さんが登りで脱落したけど、少し待って再度5人で。4周目までは後続は見えなかったけど、5周目大仏登りで後続発見。あっという間に追いついてきて、ここからはグループ関係なし。

5周目の下りでKけしさんにメカトラブルで、坂の前でストップ。
自販機でCCレモンをがぶ飲み。思えばこの時からちょっとおかしかったのだろうか。

最終周回はフリー周回なので、大仏から、その後のアップダウン区間ではY田さんが活発に動く。落ち着いて対処。最後の登りはもう頑張る体力がなかったので、豪快に突っ込むS野さんをきっかけに活性化する先頭を見送りながら淡々と。終わったら、さらに力が出なくなって、コンビニでの休憩からマイペースで帰路に。途中、皆さんと合流してなんとか帰宅。

その後、突如熱発。38.5°C。胃、肝臓のあたりがずどーんと重かったので、軽い熱射病と最近の外食続きによる内臓の疲れからくるものと推測。

それにしても、胃腸の弱さは相変わらず。さすが、子供の胃腸だね〜と10年ぐらい前に言われただけのことはあるな。