読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

チーム練/296TSS

今日は、久しぶりにチーム練。

6:10出発。気温が日中そこそこ上がるので、少し薄着。おかげで周回練習が始まるまでは寒くて辛かった。


周回練習は、17分半ぐらいで6周回してから、2周フリー。


1周目、前に出て、引いてみると足に乳酸がたまる感じがあって、あれっ!?調子良くない?


2周目からはだいぶ良くなる。1周目は体を暖まっていなかった?

ゼブラゾーン後の平地区間であまり集団のスピードが上がっていないように思ったので、少し強めに引く。それから、スタート地点からの登りもまったりしないように積極的に少し強め。といぅても5倍ぐらいを1分半。


4周目、お腹が空いてきたので、補給食に手を伸ばす。

少し脚疲れてきた感じはあった。

5周目はいったん休む走行を心がけつつ、このあたりで、Y田さんにフリー周の登り何倍で行きますか?と聞くも決めていない模様。6周目はまた少し積極的な走りで、フリー走に向けて調子を確認。


いよいよフリー走に入って、Oさむさんが、少し上がって、その後N村さんが上げてきたので、合わせるよう上げる。それでも1分6倍もいかないぐらい。


でも何故か後ろがついてこない。??だったけど、N村さんから30秒ローテを提案されて、心が決まって行けるとこまで逃げることに。最初の3分ぐらいは辛かったけど、慣れてくると余裕が出てきた。

前を出る瞬間は6倍ぐらいで前出たら5倍ぐらい。


ローテも安定してきて、このまま2人で行けるかな〜と思っていたら、後ろからゼーハーゼーハーと怪しい息遣いをする人が。Y田さん。ブリッジしてきたみたい。

ここで、レース慣れしていない自分は平気でY田さんにローテを要求。Y田さんからはちょっと休ませてくださいと。そうですよね。空気読めなくてすいません。


数分は2人でローテを継続。それからY田さんもローテに加わり、3人での逃げはほぼ確定。

7周目終わりから、少しパワーを下げてローテ。


8周目の登りも大人しく登って、たぶん待っていた?Oさむさんと合流。

このままいってもどうせスプリントはお話にならないだろうから、まずはゼブラゾーンでアタック。単発では無理だろうから、3度やるつもりだった。今日の感じだと、N村さんが付いてきて、3度目のアタックで振り切ってゴールのイメージ。


ただ、2度目のアタックポイントと決めていた、ゼブラゾーン登り直後のS字?コーナーの入り口付近では回復できず、出口付近で2度目のアタック。

後ろを振り返ると、後ろは放置の様相。これはダメなやつだと思い、後ろに戻る。

最後は登りスプリント前の下りで積極的に前を引いて、スプリント御一行を送り出し。


最後はN村さんが獲ったのかな?


後で振り返るとY田さんのブリッジを失敗させて、2人勝負の持ち込むべきだったかな。

スプリント力もある2人と最後までいってもどうしようもなかった。


それにしても今日は久しぶりに体調の良さを感じる走りができた。


明日の身体の状態はしっかり観察しておこう。